NORLITE DESIGNSOUTDOOR EQUIPMENT PRODUCT GUIDE
 
 
  スノーシューは、ゴム長靴、防寒靴、トレッキングシューズなど、足が濡れない靴ならどんな靴でもOK。
ノーライトのHUBシステムでは、テールで跳ね上げられた雪が靴の後から侵入して足を濡らすことはほとんどありません
が、降雪時や軽い粉雪の場合や、急な斜面の昇り降りにはスパッツやオーバーズボンを使用した方が良いでしょう。
  雪上で両手が自由になる軽快さは、スノーシューならでは。
双眼鏡を片手にバードウォッチングやスノーハイクなど、爽やかな冬の一日を満喫できます。
しかし重い荷物を背負っての長距離移動や急斜面での歩行ではストックを持たずには歩けません。
フィールドの雪質や斜度、行程などをよく考慮して判断してください。
  自分で歩ける人なら、誰でも使えます。技術は必要ありません。雪上歩行具としては革命的なアイテム。
バージンスノーの世界を思いっきり楽しんでください。しかし、スキーのように滑ることはできません。
また、スノーシューに取り付けられたクライポン(アイゼン)は、登攀用具のアイゼンのように氷上や硬い地面での使用に
耐える強度はありませんので、ご注意ください。
  基本的にあなたが出かけたいフィールドに合ったスノーシューを選びましょう。
近郊の雪上散歩などにはウォーキングタイプで充分ですが、厳寒期や多雪地ではデッキの大きいタイプの方が有効です。
時期や雪の状況に合わせて2〜3タイプを使い分ける事ができればよりベターでしょう。
スノーシューQ&A 在庫表 サイトトップ
copyright(c)NORLITE DESIGNS All right reserved